« 「ジオラマ」という言葉について | トップページ | 製作ペース »

2010年7月 6日 (火)

地元の模型屋さん

みなさんが子どものころ、近所に模型屋さんはありませんでしたか?

私の子供のころは、おばさんが一人で経営する小さな模型屋さんがありました。

その模型屋は、ガンプラとエアガンを主に扱っていました。

ガラスケースのショーウィンドウの中には、エアガンや、お客さんたちが作った車、バイク、ガンプラなどが多く展示してありました。

更に、私が小学生のころはミニ四駆がブームだったので、当時はミニ四駆のアイテムも多く扱っていました。

その模型屋の駐車場には8の字のミニ四駆のコースがあり、毎日、学校帰りの子どもたちがそこで自分のマシンを走らせて遊んでいました。

おばさんの人柄も良かったので、毎日小学生から大学生くらいの模型ファンが、その模型屋に集まっておばさんと談笑をしていました。

当時、その模型屋は、地元の模型ファンにとって、貴重な交流の場であったと思います。

私も小中学生のころは、ガンプラが大好きだったので、そのお店によく通っていました。

しかし、高校生になってからは模型に離れ、そのお店にも行かなくなってしまいました。

いま私は社会人になり、改めて当時の好きだったガンプラをまた作るようになりました。

すると、当時通っていたあのお店のことを気になってしまいました。

いまでも営業してるだろうか。

おばさんは元気だろうか。

と。

そして先日、約10年ぶりにそのお店を訪ねる事にしました。

店の前を通ると、そのお店は当時の姿と変わらず営業していました。

店に入るとき、異様に緊張してしまいました(笑)

扉を開けて店に入ると、おばさんが当時と変わらない姿で「いらっしゃい」と迎えてくれました。

店内の様子も変わっていませんでした。

変わったことといえば、当時は存在しなかったHGUCシリーズを多く扱っていることくらいです(笑)

おばさんが元気そうでよかったです。

私はおばさんに「久しぶりに来ました。」というと、

おばさんは「そうよね、前に見たことある顔だと思ったわ。」

と言ってくれました。

嬉しかったです。

そこから話は弾み、いろいろと貴重な話を聴くことができました。

・30年前、夫が「模型屋をやりたい」と言ったことをきっかけに開業したが、今では夫は絵描きになってしまい、店の営業は私しかやっていない。

・今では電機屋などがメーカーから直に仕入れて安売りをしているから、うちのような模型屋は減ってしまった。

・昔はミニ四駆がすごくブームだったが、いまミニ四駆を買いに来るのは当時子どもだった大人たちくらい。

・今のガンダムは組み立てるだけですごくきれいに仕上がるから、工具、塗料などはほとんど売れなくなってしまった。

・いまバンダイは模型業界では最高の技術を持っているから、バンダイがお城や自動車の模型を発売したら売れるだろう。

などなど。

おばさんの話には、30年間の模型業界の移り変わりを感じさせてくれました。

とても貴重な話でした。

実際、今の時代にこのような模型屋の経営は厳しいかもしれないけど、今でもこの模型屋には地元の模型ファンが多く集まっているそうです。

今では家電量販店やインターネットショップなど、模型が手軽に安く手に入るようになりました。

それでもこのような模型屋に人が集まるのは、近所の人と交流できる場であるということと、人柄の良いおばさんと話したいという思いがあるからだと思います。

貴重な模型屋ですね。

おばさんが元気でいる限り続いてほしいと思います。

私もまた行きたいと思います。

余談。。。

せっかく久しぶりに来たのだから、何か買って帰ろうと思い、HGUCシリーズのアッガイを買って帰りました。

それを本日、素組みで完成させましたよ。

本当に、現在のガンプラは素晴らしい出来ですね。

昔のガンプラでは成しえなかったであろう多彩なポーズも再現できます。

こんなポーズだって思いのままです。

P1010079

ジオン脅威のメカニズム。。。(笑)

次回を待て!

« 「ジオラマ」という言葉について | トップページ | 製作ペース »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360181/35651059

この記事へのトラックバック一覧です: 地元の模型屋さん:

« 「ジオラマ」という言葉について | トップページ | 製作ペース »