« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月29日 (日)

「RG1/1ガンダム」in静岡ホビーショー

会社から3日間の夏休みをいただきました。

その休みを利用して行ってきました。「RG1/1ガンダムゾーン」in静岡ホビーショー。

私は基本的に出不精なのですが、、、

前回の東京ドームシティといい今回といい、私の行動の原動力はガンダムだけのようです(爆)

そしてこれが今回の目玉、「RG1/1ガンダム」です!

P1010189

夏休みということもあり、会場はたくさんのガンダムファンで賑わっていました。

天気も良かったです。この日も猛暑でした。

静岡ガンダムのフォトギャラリーです。

胸部のアップです。

P1010193

表情が凛々しいですね。

よく見ると細かいマーキングが施されていることに気付きます。

斜めからのショットです

P1010196

P1010198

あおりからのショットだと迫力がありますね。

ちなみに後ろにあるのはアルソックとドコモのビルです。

P1010202

真下からのショットです。

P1010207

去年のお台場ガンダムと同じく、股の下をくぐったり足に触れたりすることができます。

少し後ろから。

P1010208

ちなみにこの股関節がMSの弱点です(笑)

日の光が眩しいです。

定期的にダクトからミストが噴出されます。

P1010213

他にもガンダムのBGMと共に首を動かしたり、目が光ったりします。

ちなみに、これが去年私が撮った、お台場ガンダムの写真です。

3762517_533053138_1large

3762517_533053139_1large

去年のお台場ガンダムと、今年の静岡ガンダムには、違いがいくつかあります。

一番の違いは、今年はビームサーベルを手にしています。

この調子で、来年はライフル、再来年はシールド、

10年後にはフルアーマーガンダムに(爆)

あとは、各所に施されたマーキングに違いがあります。

一番大きなマーキングの違いは左肩の文字です。

去年は東京オリンピックのPRの一環として、左肩にTOKYO 2016の文字が刻まれていました。

そういえばダメだったね。オリンピック(爆)

あと、場所の違いにより、今年のガンダムもまた違った雰囲気に見えました。

去年はお台場なので、海やビルなどが目立ちましたが、

静岡の今年は、山や広い空などの中にたたずむ姿が印象的でした。

それと、今年の1/1ガンダムは、場所・サーベル・マーキング意外に、ある大きな違いがあります。

それは何でしょう??

答え。

呼び方が違います。

アニメ30周年だった去年は「1/1ガンダム」「等身大ガンダム」などと呼ばれていましたが、

ガンプラ30周年の今年は「RG1/1ガンダム」という表現がされています。

この表現は、今年から始まったRGシリーズのPRのねらいがあると思います。

会場のグッズ販売コーナーや、駅の売店では、RGガンダムが販売されていました。

買っている人も多かったです。

あとは、この立像が「RGシリーズのガンプラのひとつ」という意味も含まれていると思います。

これをRGと表現したことに、製作側のセンスが感じられます。

現に、今回発売されたRGガンダムとこの1/1ガンダムはプロポーションやマーキングがそっくりでした。

今年も去年同様、夜になると綺麗にライトアップされるようです。

今回、夜のライトアップは見られませんでしたが、見られる方はぜひ見てください。

他にも、会場には、グッズ販売コーナーや、ガンダムカフェ、静岡ホビーミュージアムなどが催されていました。

グッズ販売コーナーでは会場限定のグッズが多く販売されていました。

ガンダムカフェは秋葉原に続き2店舗目ですね。

静岡ホビーミュージアムにも入場しました。

ちなみに1/1ガンダムゾーンは無料ですが、静岡ホビーフェアは大人600円の入場料がかかります。

この静岡ホビーミュージアムでは、模型の歴史がわかる展示が多く展示されていました。

こちらはガンダムに限ったイベントではないので、ウルトラマンやルパン3世・ミニ四駆なども展示されていました。

ホビージャパンや電撃ホビーの展示スペースもあり、雑誌で見たことのあるジオラマや作例が展示されていました。

巨匠・山田卓司氏の作品もありましたよ!

この会場限定のグッズもありました。

それは、こちらの武者ガンダムMk-IIです。SDの徳川家康頑駄無もありましたよ!

P1010217

余談ですが、グッズ販売コーナーでは、なぜかタミヤのミニ四駆用モーターや改造用の工具なども売られていました。

こんなところで売れるのか??

ガンプラのイベントでは定番の、歴代ガンプラの展示もありました。

SDではやはり三国伝が盛り上がっていますね。

P1010220

P1010221

前回の東京ドームシティで見たときのジオラマよりも、作りこまれていて良い感じです。

私もこんな大きなジオラマを作ってみたいものです。

そして、これがこのミュージアムの目玉。

「1/1スケール コアファイター(ラストシーン仕様)」です!

P1010215

こうしてみると本当の戦闘機のようですね。

「そしてときが すこ~やかに~ あたためる~あい~」

「僕にはまだ...帰れる場所があるんだ...こんなに嬉しいことはない」

アムロォォォォォーーーーーーーーー!!!!

あと、バンダイホビーセンターにも行きました。

静岡ホビーフェアからバンダイホビーセンターまでは徒歩10分ほどです。

きっと、このホビーセンターがあることから、今年、1/1ガンダムがここに立てられることになったのでしょうね。

ホビーセンターの見学は要予約なうえに抽選なので、中には入れませんでしたが。。。

外観は立派でした。

世界で売られてるガンプラはすべてここで作られています。

ここには世界で一番の模型の技術が詰まっています。

いつか中に入って見学してみたいものです。

そんなわけで、イベントのレポートを終わります。

この記事では、このイベントの個人的なレポートをしてきましたが、イベントの詳細は、このイベントの公式サイトを見てくださいね。

余談ですが、帰りは熱海に立ち寄って、温泉に浸ってから帰りました。

もうすぐ夏休みも終わりですね。

夏の終わりに楽し思い出ができました。

このイベントは来年の3月までやっているので、行けるときに行ってみるといいですよ。

都心に住んでいる人にはちょっと遠いですが、一見の価値ありです!

ちなみに私、本日8月29日に誕生日を迎えました。

この1年もガンプラをたくさん作って、このブログを見てくれている方たちに楽しんでいただきたいと思います。

とりあえず、目先の目標は7人衆の集結ですね。

ではでは。

次回を待て!

2010年8月20日 (金)

「パフェでござる」

隠密頑駄無が完成した記念に、ジオラマを作りました。

P1010180_3

テーマは、兄弟の共演と、ほのぼのとした空間の演出です。

設定としては、休暇中の武者頑駄無が、任務中の隠密頑駄無に、たまたま茶店で出会って、井戸端会議をしているところです。

「農丸は行方不明であり、普段は隠密頑駄として活動していることを他の武者は知らない」という設定があるので、この時点で武者は隠密が弟であることに気付いていません。

P1010183_2

くだものを食らう獅子(笑)

スピリット「うまいガウ!」

P1010184_2

パフェを食べる隠密。。。

本当は、横井画伯のマンガにあった「隠密があんみつを食べる」というシャレを再現したかったのですが、あんみつのミニチュアが手に入りませんでした。

自作してもよかったのですが、めんどいのでやめました(笑)

スプーンは余ったランナー製です。

P1010185_2

おにぎりを食べる武者。

これは以前レビューした、「武者だけにムシャムシャ」というパッケージの再現です。

おにぎりはエポパテによる自作です。

なんでもある茶店です(笑)

P1010186_2

兄弟仲良くツーショットです。

ベンチに座らせている演出がかわいらしいですね。

笑っているように見せるために、笑っている目のシールを自作しようかとも思いましたが、めんどいのでやめました(笑)

最小限の工作で大きめの演出を見せることをモットーとしています。

P1010188_2

上から見た図です。

傘、ベンチ、小屋などは、すべて100円グッズです。

お手軽ジオラマです。

ほのぼのとした演出は伝わったかと思います。

作っていて本当に楽しかったです。

感想待ってます!

さてさて、ここで残念なお知らせです。

私はいま、5人家族でひとつ屋根の下で暮らしています。

その我が家は、現在、リフォームの工事中です。

色々あって、リフォーム工事の間は、我が家に模型を作るスペースがありません。

リフォーム工事は今月いっぱいまで続きます。

なので、今月いっぱいは我が家で模型を作ることはできません。

申し訳ありませんが、今月いっぱいは、模型製作のレビューはできないことをご了承くださいませ。

それ以外の内容で更新はしていきたいと思います。

ではでは。

2010年8月16日 (月)

「ガンダムSUPER EXPO 東京2010」に行きました

夏休みですね。

夏といえばイベントです。というわけで行ってきました。

「ガンダムSUPER EXPO 東京2010」in東京ドームシティプリズムホール。

去年はガンダム30周年を記念したイベントに行きましたが、今年はガンプラ30周年イベントです。

会場はたくさんの人たちで賑わっていました。

このイベントの最大の魅力はなんといっても、

入場無料です!

このイベントはきっと、幅広い世代の人たちにガンプラの魅力をアピールすることが最大の目的だと思います。

だから入場が無料だったり、ガンプラカタログが無料でもらえたりと、贅沢なイベントとなっています。

会場では写真を撮っている人がたくさんいたので、ブログでこのイベントを詳しくレポートする人はたくさんいると思います。

だから、このブログでは主にSDガンダムファンの目線から見たイベントのレポートをしたいと思います。

ガンダムのイベントではよくあることですが、この会場でもこれまで発売されたガンプラが年代別やシリーズ別に紹介されていました。

そのなかでも嬉しかったのは、SDガンダムの展示が充実していたことです。

BB戦士シリーズの展示がほぼ網羅されていました。

P1010171

P1010172

P1010175

P1010176

私は様々なガンダムのイベントに参加してきましたが、なかなかここまでBB戦士を網羅しているイベントはありませんよ!

ちなみにバックが照明になっているので、逆光になってしまっているのが申し訳ないです。

やはりいま、SDガンダムといったらSD三国伝ですね。

このイベントでも特に展示が充実しており、三国伝のガンプラ製作イベントなどもありました。

P1010169

三国伝の展示ではおなじみの、巨大ジオラマです。

P1010168

個人的な意見ですが、このジオラマはもっと、ごちゃごちゃした大乱戦を演出してほしかったと思います。SDですしね。

せっかくベースが広いのに、スカスカ感が否めないのが残念でした。

しかし、これだけの展示スペースを設けてあるのはさすが、三国伝の人気を証明していますね。

P1010177

「大人のためのSDガンダム」ことSDXシリーズです。

このシリーズが立ちあがったころ、20年前のSDガンダムブームを築いたガンダムたちが、マスターグレードクラスの価格とクオリティで登場したことに感動した覚えがあります。

バンダイは当時の少年たちを本当に大切にしていますね。

SDXに関する詳しい記事はいずれ書きたいと思っています。

ここにも劉備がラインナップされてしまうんですね(汗)

さすが三国伝です。

そしてこのイベントで、面白いものを見つけました。

P1010170

海外で発売されている模型雑誌です。

レイアウトの感じやSDガンダム、デジモンなどの表紙を見て、思わず、

コミックボンボンの新刊が出たのかと思いました(爆)

本当にコミックボンボンに似ています。

でも雑誌名はコロコロっぽい(笑)よくみるとドラえもんいるし。。。   

これらは中国の雑誌でしょうか??

日本でいうところのコミックボンボンだと思います。

日本のコミックボンボンは無くなったけどね!(爆)

この勢いで復活しろよボンボン。

他にも、ガンダリウム合金の展示(!)やトークイベントなどがありました。

中でも、特に私が面白いと思ったのは、著名人がデザインしたガンプラの展示です。

様々な業界で活躍するたくさんの著名人の方々が、オリジナルのガンプラ(主にカラーリング)をデザインしていました。

どのような著名人がいるのかは、このイベントの公式サイトを見てください。

斬新なデザインのガンプラが多く展示されていて、私もとても参考になり、さらに創作意欲をかきたてられました。

中には、「この人は本当にガンプラファン?」と思ってしまうような方もいましたが(笑)、そんなことは関係ないんです!

これらの方々のお仕事で、ガンプラの魅力がさらに広まったとおもいます。

これらの作品を見ていると、「設定にとらわれず、どう楽しんでもいい、ガンプラは自由なのだ!」という気持ちにさせてくれました。

このほかにも、新作アニメの上映やイベント限定グッズ販売など、非常に充実したイベントでした。

余談ですが、グッズ販売コーナーでは、なぜか武者荒烈駆主とナイトサザビーが大量に陳列されていました(笑)

在庫一掃か??

かなりSDガンダムに偏ったレビューになりましたが、これでイベントレポートを終わります。

なによりの魅力は、こんな贅沢なイベントが

入場無料です!

ガンダムファンなら一見の価値ありです。

私がこのイベントで一番楽しめたことは、一緒に会場を見ていたお客さんたちのリアクションです。

子どもたちが昔のガンプラを見て「これしってる!」といったり、女性がアッガイを見て「かわいい」と言ったりするリアクションが新鮮でした。

入場無料ということもあり、あまりガンプラを知らない人たちにもガンプラの魅力を広めるきっかけになったイベントだと思います。

このイベントがきっかけで、

「ガンプラ作ったこと無いけど作ってみたい!」

「昔は作ってたけど今また作ってみたい!」

「今もハマってるけど、さらに創造意欲をかきたてられた!」

という人は多いと思います。

私は普段、ガンプラを楽しんでいるときは、基本的にひとりですが、

このようなイベントで、多くの人とガンプラの魅力を共有できたことは本当に幸せです。

これからもこのようなイベントには積極的に参加したいです。

これらのイベントを通じて、たくさんの人たちと一緒に、もっとガンプラが盛り上がっていったらいいです。

30周年おめでとう。そしてガンプラよ永遠に。

2010年8月12日 (木)

9人目「武者農丸頑駄無/隠密頑駄無」

お待たせしました☆新作のレビューです。

今回紹介するのは、武者七人衆の中でも、私が最も好きな武者「武者農丸頑駄無」です!

P1010128

まずはキャラクターとしての農丸頑駄無の紹介をします。

将頑駄無の息子であり、主人公である武者頑駄無の双子の弟でもあります。

武芸百般に長けており、摩亜屈に二刀流を教えたり、精太にスピード殺法を教えたりもしました。

守護獣に忍獅子がおり、その名を「アニマルスピリット」といいます。

P1010141

このスピリットは、普段は兜飾りとして農丸の兜にいます。

だからスピリットを飾るときは、農丸の兜から獅子を外すのが正解です。

軽装タイプです。

P1010165

外した外した鎧は、スピリットに装着することができます。

鎧を装着したスピリットは、「武者スピリット」と呼ばれます。

スピリット「そのポーズは何だガウ?」

農丸「可動範囲が増えたことのアピールでござる!」

兄弟でツーショットです。

P1010136

さすが、双子というだけあって、そっくりです。

。。。なんていうか、農丸の頭部にある獅子は、金髪のリーゼントに見えますね

このリーゼントが、氣志團の団長に似ているので、私は彼に「翔やん」という別名を付けました。(笑)

このスピリットが一番のチャームポイントであり、兄との違いでもあります。

軽装タイプだと、さらに似ています。

P1010167

弟の方が凛々しいですね。

まるでタッチの和也と達也です。

体型はザ・タッチに近いですが(爆)

ちなみに、武者頑駄無のモチーフはガンダムMK-Ⅱですが、農丸のモチーフはファーストガンダムです。

そして、隠密のモチーフはきっと忍者ハットリくんだと思う(笑)

農丸が生まれた設定の経緯について。

彼はもともと、今石進氏が書いたムシャガンダムのコミックワールド「七人の侍」にて、ガンダムの人数合わせのために設定されました。

その後、やまと虹一氏のマンガ、「超戦士ガンダム野郎」にて、主人公の天地大河のオリジナル武者頑駄無として登場しました。

その後、SD戦国伝に逆輸入される形で、七人目の武者として登場しました。

SD戦国伝に登場する際、「武者の双子の弟」や、「普段は隠密頑駄無として活動している」といった設定が生まれました。

そういった複雑な経緯からか、彼のBB戦士としての登場は大将軍よりも遅く、シリーズ最後の武者として発売されました。

このような農丸頑駄無の複雑な経緯は、やまと虹一氏のブログ「武者七人衆」にて詳しく語られています。ご覧あれ。

ちなみに武者頑駄無のデザインはやまと虹一氏ですが、農丸のデザインは重鎮・大河原邦夫氏です。(続・やまと屋ブログ堂「天地大河スペシャル」より)

隠密頑駄無のデザインはおそらく横井画伯ではないでしょうか??

シリーズ最後の武者というだけあって、武者を作った後に農丸を作ると、短期間でのガンプラの進化を感じることができます。

具体的には、メッキパーツやポリキャップ、プレイバリューの多さなどです。

同じシリーズではありますが、少しずつ進化をしているんですね。

バックショットです。

P1010148

薙刀と銃は背中にマウントできます。

スピリットの内又に穴が空いているのが見えますね。

パテで埋めることもできますが、めんどいので気にしない!(爆)

そして、これが農丸の仮の姿「隠密頑駄無」です。

P1010146

OVAでは主演も務め、大活躍した隠密です。

実は農丸形態ではOVAに出ていないんですね~。

隠密頑駄無は、二代目大将軍や将頑駄無の命令により、闇将軍や闇皇帝の正体を探る隠密活動をしています。

多少、抜けている点も見受けられますが、忍びとしての実力は確かなものです。

ところで、この状態は、ドラ○もんに似ていますね(笑)

角がなかったり、眼帯をつけていたりといった斬新なデザインがお気に入りです。

鎧を換装するだけで、印象がガラリと変わってしまうのが魅力です。

この状態では、農丸の鎧は丸々あまるので、スピリットに装着すると便利です。

P1010151

でも、はたして獅子に鎧は必要であろうか??

武者スピリット「重いガウ」

あおりからのショットです。

P1010154

個人的な感想ですが、農丸は薙刀、隠密は刀が似合います。

キットの紹介をします。

商品名は「農丸頑駄無 天地大河スペシャル」です。

農丸頑駄無のほかに、守護獣であるスピリット、隠密頑駄無に換装するための鎧、暴留と雑魚、更には兄、武者頑駄無用の金メッキ兜飾りまで付いてくるという豪華なキットとなっています。

これがその暴留と雑魚です。

P1010157

彼らの紹介もしましょうか??

それぞれ、頑駄無軍団と闇軍団の下忍です。

彼らはライバル同士であり、同じ形の仲間が大量にいます。

SD戦国伝の世界において、この種族に生まれてしまったら、もう強くなることはあきらめるしかないんでしょうね(爆)

暴留のモチーフはもちろん、支援ポッドのボールです。

では雑魚のモチーフは何でしょうか??

特定のモチーフは存在しないという説がありますが、ザクの頭部に手足と頭巾をつけたデザインなので、モチーフはザクでいいと思います。

もし今、雑魚の仲間を設定するなら、MSイグルーのオッゴみたいなやつが出てくるんでしょうね。

オッゴだけに「尾後」みたいな。。。

このキットの付属品すべてです。

P1010159

製作についての紹介をします。

武者頑駄無同様、手足に可動範囲を広げる工作をしました。

さらに、武者頑駄無同様、リベットを別パーツにする工作をしています。

農丸の場合は、後頭部以外にも、肩鎧と兜の前面にも2か所ずつリベットがあります。

これらはキットではオミットされていたので、リベットを打っておきました。

カラーリングについて。

今回、カラーリングをどうするか、非常に悩みました。

なぜなら、農丸形態と隠密形態で、カラーリングが全く違うからです。

例えば、農丸の手足は黒で眼は黄色だけど、隠密の手足は白で眼は緑です。

私は子どものころ、SDガンダムのOVAを見て隠密頑駄無を大好きになりました。

だから今回、隠密頑駄無を作るならOVAのカラーリングを再現したいと思いました。

でも、隠密頑駄無のカラーリングにしてしまうと、農丸形態の時に不自然なカラーリングになってしまいます。

キットを2つ買って両方のバージョンを作ろうとも思いました。

でも、そうすると、「2つの形態を再現できる仕様」という、メーカーの意図を無視してしまうことになるし、作らなかった方の鎧が余剰パーツになってしまいます。

なにより、2タイプ作って一緒に飾ってしまうと「農丸=隠密」という設定を無視することになります。

戦国伝ファンとして、設定やメーカーの意図を無視してはいけないと思いました。

なので、結局、パッケージ通りのカラーリングに落ち着きましたよ!

おまけ。

P1010160

隠密「拙者、曲者ではないでござるよ。はい、くだもの。」

OVAより。

長くなり、話が転々としましたが、農丸頑駄無のレビューを終わります。

長くなってしまったのも愛するが故です。

次回は、この農丸を使ってジオラマを作りたいです。

ではでは、次回を待て!

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »