« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月27日 (月)

ロックマンギガミックスvol.3

このブログは、BB戦士の製作記録を中心に、私の趣味に関する物を紹介するブログというコンセプトでスタートしました。

なので、ガンダム以外にも、私が好きな物に関してはおいおい紹介していこうと考えていました。

そして、今回、初めてガンダム以外で紹介したいものがあります。

昨日、アマゾンで注文した本が届きました。

待ちに待ったマンガです。

それはこちら!

ロックマンギガミックス Vol.3 (BN COMICS)

このマンガを描いた有賀ヒトシ先生は、ロックマンマンガの第一人者であり、マンガ家界一のロックマンファンでもあります。

有賀先生の書いたロックマンのマンガは、原作のストーリーや設定を忠実に再現しつつ、先生独自の解釈や設定をふんだんに盛り込み、見事にアレンジされたストーリーとなっています。

現在まで、ロックマンメガミックスが3巻、ロックマンギガミックスが3巻発売されています。

今回発売されたこの3巻が、メガミックス&ギガミックスの完結編となっています。

さて、

ここからこのマンガのネタバレを含みますので、まだ内容を知りたくないという方の閲覧はご遠慮ください。

このマンガを読んだ後の率直な感想を申し上げます。

私の人生で最も感動したマンガになりました。

振り返れば、有賀先生のロックマン作品は、1995年、コミックボンボン春休み増刊号の読み切りで始まりました。

それから、ロックマンリミックス、ロックマンマニアックス、ロックマンメガミックスなどなど、

名称の変化とともに、内容も広がりを見せていきました。

私は小学生の頃、この1作目から有賀先生のロックマンを読んでいたので、

今回、長く続いたこのシリーズが完結を迎えたということで、その感動もひとしおでした。

初登場では少女だったカリンカちゃんも、今回では立派な女性へと成長しました。

当時小学生だった私が、現在25歳となって完結編を読んでいるということと、このカリンカちゃんの成長を重ね合わせてしまいました。

お互い、大きくなりましたね。

さて、話の内容に触れたいと思います。

ロックマン1作目から8まで+ロックマンワールドのキャラがほぼ登場しています。

それはもう、膨大な数です。

それらのキャラクターの多くに、素晴らしい個性や見せ場があります。

ロックマンやブルース・ロール・ライト博士やワイリー・フォルテなどの主要キャラ以外にも、特に活躍が目立ったキャラがいます。

カットマン・クイックマン・シャドーマン・スカルマン・スターマン・シェードマンなどなど、、、

このマンガを読むことで、どのキャラが有賀先生のお気に入りなのかを知ることもできます。

さらに、今回、ライト博士とワイリーの友情&ライバル心が、より深く描かれています。

何度も世界征服の野望をロックマンに阻止されてきたワイリー博士ですが、、、

きっとワイリー博士の目的は、世界を手中に収めることではなく、ロックマンを倒すこと、つまりロボット工学でライト博士を超えることにあるのでしょうね。

有賀先生のロックマンシリーズのキャラクターに対する愛情が感じられました。

さらに、スペースルーラーズの強さ!

今までの敵と比べても、圧倒的な強さを誇ります。

それらスペースルーラーズとの戦いも見所です。

完結編ということもあり、15年分の作品の集大成となっております。

コミックボンボン時代から有賀先生の作品を呼んできた方には、必見のマンガです。

有賀先生の作品を読んだことのない方は、ぜひメガミックスの1巻から読んでみてください。

今回の作品が、メガミックス&ギガミックスの完結ということですが、、、

私はこの作品で有賀先生のロックマン作品が終わったとは思えません。

以前、有賀先生のマンガに「彼(ワイリー)があきらめた時、それはロックマンシリーズの終わりを意味する」と書いてありました。

現に、ワイリーもまだ世界征服を諦めていないようですし、、、(笑)

それに、まだマンガ化されていないストーリーもたくさんありますね。(9・10・ロックマン&フォルテ・Xシリーズなど)

きっと、ファンの声が届けば、また新作が見られると思います。

最後に、このマンガを読み終えて、1つ気付いたことがあります。

それは、

コミックボンボンは、まだ終わってなんかいない!

ということです。

このマンガの最後に、懐かしいボンボンの作家の方々の名前を見ることができました。

有賀先生のあとがきやブログにも、このマンガを刊行するにあたり、紆余曲折あって、刊行が遅れたことなどが書かれていました。

しかし、いろんなことがありながらも、こうして発行までたどり着けたことは、多くのボンボン作家の方々の協力や、当時少年だったボンボン読者の期待があったからだと思います。

これを機に、過去のボンボン作品が復活したら嬉しいことだと感じました。

そんなことを願いつつ、今回の記事の閉めと致します。

2010年9月24日 (金)

合わせ目消し

前回の日記で、「塗装に関する経験をまとめた記事を書きたい」と記しましたが、

その前に、合わせ目消しに関する経験を記そうと思います。

合わせ目消しは塗装より前に必要な工程ですしね。

「合わせ目」とは、パーツ同士を合わせた時にできる隙間や段差の線のことです。

「パーティングライン」とは別物ですね。

パーティングラインとは、金型の合わせ目にできるパーツの線のことです。

みなさんは、合わせ目を消す処理を行っていますか?

最近のガンプラは、合わせ目が目立たないようにパーツ分割が工夫されているキットが多いので、素組みでも合わせ目が目立たないものが多いですね。

しかし、私が作っているような20年近く前のキットとなると、そうはいきませんね。

目立たない所なら消さなくても良いかもしれませんが、

頭を左右に真っ二つに割るような目立つところにある合わせ目も多いです。

ザクの頭部は構造上、そのようなパーツ分割になっていることが多いですね。

なので、目立つところの合わせ目消しは必須工作です!

ここで、合わせ目に関する思い出話。。。

思い返せば小学生の頃、塗装や合わせ目消しの知識がなかった私は、素組みでガンプラを楽しんでいました。

そんな中、愛読書、コミックボンボンにて、「合わせ目の消し方」という内容のマンガが掲載されていました。

それを読んだ当時小学生の私は、「え!合わせ目って消せるの!?」と驚いた記憶があります。

「合わせ目を消してみたい!」と思った私は、さっそく、そのマンガを参考にして合わせ目消しを実践してみようと思いました。

しかし、、、

そのマンガで紹介されていた合わせ目消しの方法が、

「パーツを接着して、1日以上乾燥させ、目の粗い順からサンドペーパーをかけて、綺麗に表面処理すれば合わせ目は消えます。」

と紹介されていまた。

これを読んで、わかる方にはわかるかと思いますが、、、

これじゃ普通は消えません!(爆)

ある程度、合わせ目を目立たなくすることはできるかと思いますが、

完全に消すためには、この工程に加えてサーフェイサーと塗装が必要ですね。

余談ですが、接着したときにパーツに段差ができてしまうときは、ラッカーパテで埋めてあげるといいです。

昔のキットは、段差ができることが多いです。

それと、接着剤とラッカーパテの乾燥時間は、少なくとも2日以上取るといいです。

生乾きだと失敗の原因になります。

当時、小学生だった私は、そんなこともわからず、ボンボンに紹介されていた通りの合わせ目消しを実践し、見事に失敗しました。

本当に合わせ目消しができるようになったのは、それから数年後、中学生の時です。

ホビージャパンにて正しい合わせ目の消し方が写真付きで詳しく紹介されていました。

ホビージャパン様様です。。

しかし、、、失敗と挫折を繰り返して模型はうまくなるんですよ!

模型の上達に必要なことは挑戦と失敗ですね。

合わせ目を消したことの無い方、これを機にぜひやってみてください。

初めて合わせ目を消せたときの感動はひとしおです。

そんなわけで、合わせ目消しに関する思い出話でした。

2010年9月15日 (水)

10人目「武者仁宇頑駄無」

お待たせしました!

記念すべき10人目の武者は「武者仁宇頑駄無」です!

P1010230_2

仁宇は「扇子龍(ファンネル)」という神秘の武器を操ることができます。

アニメを見る限りでは、七人衆の中では唯一、空を飛ぶことができる武者です。

空を飛べるという特性を生かして、OVA「暴終空城の章」では大活躍でした。

個人的には「させるかぁ!叩っ切るっ!」と言いながらズゴックのミサイルを切るシーンが大好きです。

空が飛べるという設定を生かして、専用のスタンドを作ってみました。

P1010240

え~見ての通り、ランナーの再利用です!(爆)

アップにすると「SDヤミコウテイ」の文字(笑)

P1010241

本来なら、SDXに付属しているようなカッコいいスタンドが自作できるといいのですが。。。

でもこれはこれでお気に入りです。

お手軽なのでおためしあれ!

キットの紹介をします。

七人衆の中で、もっとも成型色が残念なキットです(爆)

成型色は白と黒の2色成型です。

兜は設定だと赤ですが、成型色では白のままです。

あと、兜用の謎のシールが付いています(笑)

これを貼ったら返って不自然ではないだろうか。。。

そして、下半身は白なのに成型色は黒。。。

黒い成型色を白に塗りかえるのは大変です。。。

守護獣として飛龍がいます。

P1010234

この飛龍はアニメにも登場しましたね。

アニメでは「ぎょえ~ん!!」と鳴いてみせたり(爆)

とりあえず背中に仁宇を乗せてみます。

P1010235

某アニメのオープニングのようですね。

仁宇「ぼうや~ よい子だ寝ん寝しな♪」

飛龍「ちげーよ。。。」

毎度おなじみ、軽装タイプです。

P1010254

他の七人衆と同様、守護獣とは鎧の換装ができ、鎧を身にまとった飛龍は「武者飛龍」と呼ばれます。

これが武者飛龍です。

P1010258

組んでみればわかりますが、この換装の方法は斬新です。

そして、やっぱり乗せてみる。

P1010259

まるで某アニメのオープニングのようですね。

仁宇「DAN DAN 心魅か~れ~て~く♪」

「あったけえなあ、神龍の背中」

飛龍「ちげーよ。。。」

ちなみにこの飛龍は、仁宇が修業を積んだ山寺で出会ったという設定があります。

だから声優が山寺宏一さんだったんでしょうね(違)

ちなみに仁宇は、七人衆の中で最も声優が定着しなかったイメージがあります。。。

仁宇は槍が似合うイメージがありますが、もちろん刀も付属してますよ!

P1010236

仁宇「刀も使えるぜ!」

もちろん銃も付属してます。

P1010237

仁宇「銃も使えるぜ!」

バックショットです。

P1010239

この羽のようなファンネルのデザインがかっこいいですね。

このキットが発売されえた当時、BB戦士のνガンダムをダブルフィンファンネル仕様に改造した人もいるはずです。

今回、工作した個所は、前回の武者農丸と同様、腕と脚に可動を増やす工作をしています。

さて、今回の反省点です。

塗装をかなり失敗してしまいました。

塗装に関しては、今度、経験をまとめた記事を書こうと思います。

オマケ

P1010242

仁宇「たかが石ころ一つ、頑駄無で押し出してやる!」

隠密「バカなことはやめろ!」

。。。(笑)

余談ですが、ダブルボールジョイントを使えば脚の可動範囲はここまで広がります。

さてさて、残る七人衆はあと2人ですね。

せっかくなので、今までに完成した武者を集合させてみました。

P1010248_2

まだスイーツ気分が抜けていない武者が1名います(爆)

隠密「あんみつでござる♪」

この5人だけでも、揃うと結構な迫力がありますね。

しかし、やはりこの5人だけでは物足りない!

はたして10月には全員そろうでしょうか。

全員そろったあかつきには、記念に集合写真を撮ろうと思います。

そしてそのあとは、七人衆以外の武者たちを制作する予定です。

というわけで、武者仁宇頑駄無のレビューでした。

P1010246

飛龍「千尋、私の名はニギハヤミコハクヌシだ!」

仁宇「違うだろ。。。」

ではでは、次回を待て。

感想コメント待ってます♪

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »