« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月28日 (日)

十三人目「殺駆頭/闇将軍」

さぁ、最初の目標が達成されたところで、また新たな気持ちでがんばりましょう!

今回紹介するのは、「闇軍団の首領にして最強の武者、でも色々と残念な、殺駆頭様です!」

P1010352

まずはキャラクターの紹介をします。

闇軍団の頭領で時穏(ジオン)の国の国主です。

かつては「殺駆」という名前で、初代大将軍と共に戦った戦友であり、初代将頑駄無の親友でもありました。

将頑駄無とのおにぎり争奪戦がSD戦国伝の始まりだといわれています(爆)

(漫画・元祖!SDガンダムより)

眼帯で覆われた傷は、将頑駄無を守るために負ったものです。

ペットとして、ライオンの親子を飼っています。

闇皇帝に影で操られており、闇の鎧を授けられると「闇将軍」へと変貌を遂げます。

普段、殺駆頭様は仁義に篤い男ですが、闇将軍になると暴虐の限りを尽くします。

アニメでは、闇軍団の首領としての貫録がありましたが、同時にコミカルな役回りも多かったです。

ちなみにメインのキャストは飯塚昭三氏です。ハマり役でした。

ここで、「殺駆頭様の天然エピソードを紹介するコーナー」

・自分自身が闇将軍という事実を知らずに、闇の鎧を闇将軍だと思い、あがめている。(OVA 頭虫邸の忍者合戦より)

P1010360_2

殺駆頭「闇将軍様、このたびは頭虫邸の完成、おめでとうございます。」

P1010361

殺駆頭様、うしろ、うしろ~!!

・頭虫邸の守りがまったく完璧じゃない。(OVA 頭虫邸の忍者合戦より)

・床下に潜んでいた侵入者を攻撃しようとして、誤って自らの足に刀を刺す。(OVA 暴終空城の章より)

P1010384

殺駆頭「痛たたたたたたた~~~!!」

・溺愛していた息子、若殺駆頭に仮死状態にされ、復活闇将軍として利用される。(風林火山編より)

・夜中にこっそりスイカ割りをする。(劇場版 天下太平編より)

P1010374

殺駆頭「誰も見てないな、見てない!見てない!」

・もともと一つ眼なのに眼帯をしている。(天下統一編より)

以上、お茶目な殺駆頭様のキャラ紹介でした。

続いて、キットの紹介をします。

もはや“大将なのに小さい”ということは語り草ですね(爆)

どれくらい小さいのかというと、これくらいです。

P1010379

BB戦士のザクと比較しても、親子くらいの身長差がありますね。

ちなみに息子の若殺駆頭よりも一回りほど小さいです。

キットの名前は、BB戦士 No.39「闇将軍」です。価格は\525(税込)

私がネットで調べたところによると、もともと殺駆頭のキットは、キャンペーン用の賞品だったようです。

その殺駆頭に闇の鎧を追加し、この商品となった経緯があります。

そのキャンペーンのポスターもネット上で見つけたので、この情報は間違いないと思われます。

キャンペーン用ということで、コストを抑えるために小さくなったのかもしれませんね。

このキットを作ってみると、他にも、鎧がキツくてハマらなかったり、逆にゆるくてすぐに外れてしまったりと、色々と残念な点に気付きました。

他のキットが守護獣付きで300円なので、これが500円というのは高いと思いました。。。

好きなキャラだけに、それらの点は残念でした。

欲を言えば、もう一回りサイズを大きくして、さらにライオンの親子が付属すれば500円のキットとして文句なしです!

製作記です。

今回、殺駆頭様を製作するにあたり、この小ささに悩まされました。

果たして、闇軍団の大将がこの小ささで良いのかと!

プラ板で幅増ししたり、BB戦士のザクからパーツを流用したり(所持しているのはそのため)という策を考えましたが、元の殺駆頭様があまりにも小さいため、それらの策も通用しないという結論に達しました。

なので、今回は無改造です!(結局)

殺駆頭様としての武装が刀・雷光丸のみというのが淋しかったので、パテとランナーで自作しました。

名付けて、「殺駆頭ハンマー」

P1010357

OVAでは、このハンマーで隠密頑駄無と百士貴兄弟を撃退するという活躍を見せました。

ちなみに、

このハンマーを使うと、一瞬だけナイトガンダムの幻が見えます(VHSのみ)

P1010358

隠密「見えたでござる!」

バックショットです。

P1010359

背部には、用途不明の穴が開いています。

好きなものをマウントさせてください。

そしてこれが、「闇の鎧」です。

P1010362

ちなみに闇の鎧は闇将軍の影と同じ形をしています。

P1010371

闇の鎧に闇将軍の足が余ることは触れないであげて。

古殺駆「ざ、殺駆頭様が!!」

新殺駆「闇将軍に!?」

P1010370

闇将軍「遊んでないで、頑駄無を倒せ!!」

今殺駆「ひえ~~~~~!!」

闇将軍「われこそは、闇将軍!!」

P1010365

武者らしい殺駆頭の姿とは一転、赤と銀色が加わり、機械的になったデザインがまた格好良いですね。

手にした剣は「暗黒剣」といいます。

ちなみにこの姿ではアニメに登場していないと思いきや、OVA 頭虫邸の忍者合戦の冒頭にて、一瞬だけ登場しています。

ゲームボーイソフト「国盗り物語」ではこの姿で大活躍しました。

闇将軍の最大の武器「暗黒砲」です。

P1010369

暗黒砲は、着弾した所にブラックホールのようなものを発生させる威力があります。

暗黒砲のモチーフはおそらく、コロニーレーザーだと思います。

こんな意外なところからモチーフを持ってくるあたりも良いですね。

ちなみに背中に暗黒剣をマウントさせることができます。

P1010372

そんなわけで、殺駆頭様&闇将軍のレビューでした。

やはり、ザクがいてこそ活躍できるのがガンダムですから、これらの存在は貴重ですね。

そうそう、これからの目標ですが、上記の理由から、「闇軍団の結集」にしようと思います。

人数は、この4人も含めて、10名にします。

スクラッチもしなきゃだね!

ではでは、次回を待て!

2010年11月20日 (土)

「我ら、頑駄無七人衆!!」

ついに、、、ついにこの日がやってまいりました。

アニメでは実現しなかった、

武者七人衆の結集です!(どーん!)

それではさっそく行ってみましょう!

「我こそは頑駄無軍団進軍隊長、武者!」
P1010339

「我こそは摩亜屈!」

P1010312

「我は精太!」

P1010326
「駄舞留精太たぁ、俺の事だぁ!」
P1010320

「仁宇!背中のファンネルは伊達じゃないっ!」

P1010334

「斎胡ォッ!」

P1010325

「農丸頑駄無、見参!」

P1010318

「我ら頑駄無、七人衆!!!!!!!」

P1010347

やはり、全員そろうと圧巻ですね。

やー、、、ここまで長かったです。

「七人衆をこのブログで集結させる」という目標を掲げてから今まで6ヶ月。。。

毎日の仕事が忙しくてプラモができなかったり、、、

時にはバンド活動が忙しくてプラモができなかったり、、、

時にはラジオ番組の製作が忙しくてプラモができなかったり、、、(こちらの日記参照)

時にはHGUCやSDXに浮気して武者たちをほったらかしにしてしまったり、、、(←笑)

それでも少しずつ完成させていきました。

これにて目標達成です!

ほめてください。

ありがとうございます。

これで最初の目標を達成したので、これからまた次の目標を掲げて、がんばろうと思います。

次回を待て!!

2010年11月17日 (水)

12人目「武者斎胡頑駄無」

お待たせいたしました。

七人衆の最後を飾るのは「再版されないという意味でも裏切りの頑駄無」こと、「武者斎胡頑駄無」です!

P1010291

斎胡「待たせたな!」

武者七人衆編のキットの中では、唯一再版されない悲運な武者としておなじみですね。

再版されない理由としては、もう金型が現存しないという噂がありましたが、サイコのパーツはすべて巨山の斎胡に付属しているので、金型はあるようですね。

私の予想では、パッケージもしくは説明書の原版が存在しないのではないかと思います。

ではでは、キャラ紹介をします。

斎胡は、七人衆随一の巨体と怪力を誇ります。

元は山賊の頭でしたが、仁宇に敗れたことをきっかけに改心し、七人衆の一人となりました。

その後行方不明といわれていましたが、璽悪の「洗脳マスク」により洗脳され、闇軍団にいました。

アニメでは、暴終空城の章にのみ登場します。

闇軍団に洗脳されたあげく、

暴終空城を消滅させるという戦果をあげました。(トラブルメーカー)

ちなみに声優は、私が声優界で最も尊敬するベテラン、山寺宏一氏です。

キットの紹介をします。

前述のとおり、「ムシャサイコガンダム」は絶版といえる状況なので、巨山の斎胡で代用しました。

キットを作る分には問題ないのですが、コミックワールドを読めないのが残念ですね。

武装として、金棒と竜砲が付属します。

金棒には刀が仕込んであります。

P1010298

金棒を振り回しているうちに抜けないか心配です。

斎胡「よく抜けるぜ!」

守護獣として「バッファロー」が付属します。

P1010295

バッファロー「モ~!」

斎胡「行け!バッファロー!」

P1010307

バッファロー「重いモ~!」

斎胡「子牛じゃん。。。」

軽装タイプです。

P1010301

額には「PSYCO(サイコ)」の文字。。。

軽装タイプなのに肩鎧の一部は付けたままなんですね。

守護獣とは鎧の互換性があり、鎧を身にまとったバッファローは「武者バイソン」となります。

P1010305

設定では、武者バイソンは斎胡とバッファローが合体した姿と説明されていました。

洗脳マスクが付属しており、洗脳された状態を再現することができます。

P1010278

洗脳された時の眼のシールを作成しました。

これだけでもだいぶ迫力が増しますね。

アニメでは洗脳された状態で頑駄無五人衆を苦しめました。

P1010283

駄舞留精太「我々は仲間でござるぞっ!」

。。。ちなみに本来の設定では、斎胡は他の武者と比べて、倍近くの体格差があります。

今回の工作個所を紹介します。

足の甲と肩鎧にあるリベットをラインストーンで別パーツ化しました。

P1010296

P1010297

バックショットです。

P1010299

背中に空いている穴には、金棒もしくは竜砲をマウントできますよ!

塗装について説明します。

今回、斎胡を塗装するにあたり、困ったことがひとつありました。

それは、「軽装タイプと背面の配色がわからない。」ということです。

なぜなら、巨山の斎胡のパッケージには軽装タイプと背面の写真が載っていないからです。

でも、とあるサイトで、斎胡の上手な作例が紹介されていたので、配色はそちらを参考にさせてもらいました。

巨山の斎胡に付属していたホイルシールがきれいな色だったので、一部はシールを使っています。

眼の色について。

設定だと斎胡の眼の色は赤なのですが、巨山の斎胡には緑色の眼のシールしか付属していませんでした。

洗脳状態の眼と同様、パソコンとプリンターで自作しましたよ!

そして今回、私が一番やりたかったことはこれです!

P1010288

足の裏に「BANDAI」のロゴ。。。(笑)

これが何なのかは、わかる人にはわかるはず!!

ちなみにこのロゴは、キットに付属のシールを切り取って貼りました。

オマケ。

P1010310

せっかくなので、アニメでの斎胡の初登場シーンを再現してみました。

斎胡「お前たちに勝ち目はないわ!」

古殺駆「そのためにお前がいるんだもーん。」

。。。先日発売されたHGUCグフカスタムのヒートワイヤーで縛ってみました。

P1010308

というわけで、七人衆最後の武者「武者斎胡頑駄無」のレビューを終わります。

このブログの当初の目標は、「武者七人衆の結集」です。

これで全員のレビューは終わりましたが、七人衆の集合写真を撮った上で目標達成としたいと思います。

過去にレビューした武者たちも、いくつか直したいところがありますし。。。

ではでは、集合写真をお楽しみに♪

次回を待て!

2010年11月11日 (木)

小学校の卒業アルバム

忙しかった10月が終わり、最近になってようやくプラモ作りを再開しました。

まだ完成までにはしばらくかかりそうですが、、、

そんなわけで、今日は「小学校の卒業アルバム」というテーマで記事を書きたいと思います、

みなさんの将来の夢は何でしたか?

小学生時代の卒業アルバムを読み返すと、「みんなの将来の夢」というページがありました。

そこには、「サッカー選手」「獣医」「歌手」といった、当時のクラスメイト達の子供らしい夢が書かれていました。

当時は、エヴァンゲリオンやスレイヤーズなどのアニメで、林原めぐみさんが活躍していたので、「声優」という夢を書いたクラスメイトも多かったです。

そんな中、私が書いていた将来の夢は、、、

「モデラー」

(笑)

当時の私は、月刊ホビージャパンを愛読していました。

そして、ホビージャパンやテレビチャンピオンなどで活躍されていたプロモデラーの山田卓司さんに憧れていました。

その影響で、当時の私の夢はプロモデラーとなっていました。

当時、クラスメイト達から「モデラーって何?」という質問攻めにあったことを覚えています。

そして25歳の大人になった現在、

私は今、普通のサラリーマンであります。

でも、今こうして自分の作ったプラモデルをブログを通じて公開していることには充実感があります。

「プロ」ではありませんが「モデラー」には違いないですね。

と、いうわけで、

「夢、叶いました」(爆)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »