« 十三人目「殺駆頭/闇将軍」 | トップページ | 今後のBB戦士に期待すること »

2010年12月 9日 (木)

SDガンダム三国伝

今日は、「SDガンダム三国伝」というテーマで記事を書こうと思います。

このシリーズが始まってから現在まで、凄まじい勢いで盛り上がっていますね。

ガンプラはもちろん、映画、アニメ、マンガ、ゲームなどなど、、

さまざまなメディアでの盛り上がりを見せています。

今年開催された各ガンダム関連のイベントでも、三国伝の展示は盛大に演出されていることが多かったです。

私は今まで、20年以上続くSDガンダムの歴史をリアルタイムで見てきましたが、三国伝は間違いなくSDガンダム史上、一番の盛り上がりだと思います。

しかし、、、

実は私、SDガンダムは大好きなのに、三国伝の内容はあまり把握できていません。

なぜでしょう??

SDガンダムと強い絆で結ばれていたボンボンがなくなってしまったからでしょうか?

それとも、私は元ネタとなった三国志を知らないからでしょうか?

これだけ盛り上がっているのに、内容をあまり把握できていないのは、ブームに取り残されているようで少しさびしいです。

でも、ホビージャパンなどの各ホビー雑誌や、バンダイのホビーサイトなどで、三国伝シリーズのガンプラのリリース情報はよく目にしていました。

三国伝のアイテムを見ると、そのラインナップの充実さに感心しています。

BB戦士から番号を一新した「SDガンダム三国伝 Brave Battle Warriors」シリーズに絞っただけでも、40アイテムを超えています。

BB戦士の三国伝シリーズも含めれば、全シリーズ中、圧倒的に多いアイテム数です。

さらに、たくさんのラインナップの中でも感動したことが、意外なキャラクターの商品化です。

従来の戦国伝シリーズは、商品化されるアイテムのほとんどがガンダム系でした。

敵も味方もガンダムで、ついにはシリーズの全商品がガンダムということもよくありました。

これでは「ガンダム以外のアイテムは売れない」と、メーカー側が半ば諦めているようにも感じられました。

ガンダム系の武者ばかり発売されるということは、同じ顔ばかりで個性に欠けるというリスクもありますし、

更に、敵役の商品化が少ないと、コレクション性に欠けるというリスクもあります。

しかし、三国伝では、多くの「非ガンダム系モビルスーツ」がリリースされています。

しかも、サザビーやケンプファーといった人気の敵モビルスーツだけでなく、意外なところからも商品化されていることに感動しました。

ガンダム系の中でも意外なところからチョイスされているものがあって驚いています。

以下、商品化されて感動したラインナップの数々です。

・非ガンダム系の敵役

ギャン・ベルガギロス・ベルガダラス・ズサ・サーペント・ドーベンウルフ・アッシマー・ディジェ・ザメルなどなど、、

SD化が初となる商品がほとんどですね。

やはり、魅力的な敵役がいてこそのガンダムです。

・ガンダム系でも意外だったアイテム

ガーベラ・ノーベルガンダム・マンモスガンダム・ガンダムヴァサーゴ・ガンダムアシュタロン・サイコガンダム・クスィーガンダム・ペーネロペーガンダムなど

初の女性キャラの単独キット化ということで、SDガンダムの世界が広がったと思います。

そして、まさかのラインナップだったのがマンモスガンダムです。まさかGガンダムの珍ガンダムがSDでキット化されるなんて。。。

さらに嬉しかったのが、ガンダムXからの敵役2機がキット化された事です。好きだったのにあまり陽の目を見る機会のなかった2機だったので、この商品化は嬉しかったです。

そして何より驚かせられた事が、サイコガンダムを始めとした5体合体のアイテムです。

「5体合体」「意外なモビルスーツのチョイス」そして何より驚かされた事が、

「値段」です(どーん!)

4千円台。。。

これまで、セット商品を除けば最高額のアイテムは、輝神大将軍獅龍凰の3千円だったと思います。

大将軍でもなく、しかも敵役のアイテムが4千円台で発売されたというのは、三国伝の人気を物語っていると思います。

しかしひとつ気がかりなことが、、、

はたして、これは売れたのでしょうか?()

それだけが気がかりです。

・それ以外に商品化されて驚いた商品

馬と部隊兵

やはり、これらの商品は世界観を広げる上でも必要なアイテムだと思います。

いくつでも揃えたいアイテムですね。

そんなわけで、これからも三国伝の展開に大きな期待をしています。

しかし、、、

三国伝が終了したら、この勢いで戦国伝も復活してほしいです。

「三国伝」はあくまで「戦国伝」とは別物ですからね。

関連性はあるようですが。

300アイテム以上続いたBB戦士シリーズも、リリースがストップしているのは淋しいです。

現在はBB戦士という名前も使われていないですし。。。

通し番号で300以上続く模型シリーズというのは、ガンダムに限らず模型業界の中でも断トツでトップだと思います。

やはり、「BB戦士」そして「武者頑駄無」あってのSDガンダムだと思います。

三国伝の展開も楽しみですが、次はぜひBB戦士で戦国伝の復活を!

そんなわけで、今日のテーマは「SDガンダム三国伝」でした。

次回を待て!

« 十三人目「殺駆頭/闇将軍」 | トップページ | 今後のBB戦士に期待すること »

雑記」カテゴリの記事

コメント

『Brave Battle Warriors』の頭文字で『BB戦士』ってのを先日初めてしりましたw
そういえば久しぶりにBB戦士が出ますね(^0^)/
まだ通し番号がついていて安心しましたf^_^;

>みや~んさん
シリーズ名が一新されてもBB戦士の名残はあったんですね。
そしてBB戦士の新作が今月発売されるということを今知りました。
BB戦士がこのままフェードアウトしてしまうことを危惧していたので私も安心しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360181/38009440

この記事へのトラックバック一覧です: SDガンダム三国伝:

« 十三人目「殺駆頭/闇将軍」 | トップページ | 今後のBB戦士に期待すること »