« 申し訳ない | トップページ | マルマルモリモリを踊るアッガイ »

2011年7月25日 (月)

剣士ゼータガンダム

前回の予告通り、今回はSDXのレビューをします。

SDXの1体目を飾るのは、先月届いたばかりの新商品、「剣士ゼータガンダム」です。

P1010742_2


・キャラクターの紹介

アルガス騎士団の騎馬隊長で、アルガス王国一の剣士です。

性格は剣士らしく真面目で、戦闘には騎馬隊を引き連れ、真っ先に駆けつけ、常にアルガス騎士団の先陣を切っています。

白馬「アーガマ」を愛馬としています。

法術士ニューとは兄弟子の関係です。

・劇中の活躍

OVA「アルガス騎士団」と「光の騎士」にて活躍しました。

キャストは辻谷耕史氏です。バーニィやシーブックの中の人です。

「アルガス騎士団」では、素早さを生かし、攻めてきた敵軍に対し、真っ先に応戦したり、諜報活動を行ったりといった活躍をしました。

1人で敵陣に入り、ピンチに陥ったアムロを真っ先に救ったのもゼータでした。

序盤では、ダブルゼータとニューとの折り合いが悪く、チームワークの悪さが目立ちましたが、

アムロの説得や、敵城での戦闘を通して、終盤では抜群のチームワークをみせることができました。

彼の代表的な装備である「竜の盾」は、闘士ドライセンから手に入れたものです。

クライマックスでは、この竜の盾でジオダンテの光線を防ぎ、ニューを援護するという活躍をみせました。

ジオダンテを倒した後の笑顔が、何とも言えないかわいらしさがありました。

余談ですが、ジオダンテ戦の時、アーガマが飛んだときに竜の盾が光るという演出があったので、この盾には空を飛ぶ力があるようです。

「光の騎士」では、導きのハープの力によりバーサルナイト・アレックス・ダブルゼータ・ニューとともにムーア界に召喚され、最後の戦いを挑みました。

余談ですが、「光の騎士」ではなぜか、アーガマではない普通の馬に乗っていました。

ジークジオンを目前とした黄金の間にて、城の崩壊とともに、バーサルナイト以外の戦士は皆、転落するという最後を迎えました。

このとき、「竜の盾の力で飛ぶことはできたなかったのか?」という疑問が残りますが、何らかの不可抗力により飛べなかったということにしておきましょう。。。

その後の行方は不明ですが、きっとあれしきのことで最期を迎えるアルガス騎士団ではないと思います。

・商品の紹介

現時点でSDXの最新アイテムです。

価格は6825円(税込)です。

これまでのアイテムとは違い、魂ウェブでの完全受注生産となりました。

そのため、入手方法はネットでの販売のみです。

すでに販売は終了しているので、現在の入手方法はオークションなどに限られます。

おそらく、ゼータが受注生産となった背景には、価格の高さと、これまでの販売実績が影響しているものと思われます。

これまでのSDXが通常のおもちゃ屋で買うことができましたが、売れずに在庫となっている店舗も多く見受けられました。

完全受注生産にすれば売れ残って在庫となってしまうことも避けられます。

今までのアイテムと比べても比較的高価なので、受注生産になったと思われます。

肝心の出来はというと、今まで通り、期待を裏切らないクオリティの高さとなっています。

愛馬「アーガマ」が付属することもうれしい仕様です。

そのほかにも、竜の盾をはじめ、設定されている装備はすべて付属しています。

難点を言えば、パーツが多い分、可動させると外れやすいことが挙げられます。

すでの発売中のニューとともに、ぜひ並べておきたい逸品です。

最後に、アルガス騎士団編でのクライマックスシーンを意識したツーショットを載せます。

P1010743


ゼータ「突っ込むぞ!この盾があれば、奴の攻撃はよけられる。」

ニュー「よし!」

ゼータ「行くぞ!」

以上で、初のSDXのレビューとなった剣士ゼータガンダムのレビューを終わります。

キャラクター紹介がメインなので、アイテム(商品)の写真は最小限です。

アイテムのレビューをメインに行っているサイトはたくさんあるので、もっと写真を見たい方はそちらをご参照ください。

ではまた。

« 申し訳ない | トップページ | マルマルモリモリを踊るアッガイ »

SDX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360181/40957144

この記事へのトラックバック一覧です: 剣士ゼータガンダム:

« 申し訳ない | トップページ | マルマルモリモリを踊るアッガイ »